All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

函館旅行、1日目の食事

午前6時起床、朝食を食べ新潟空港へ
午前10時に新千歳空港に着き
酒のつまみと空弁を買って
JR新千歳空港駅へ

俺が買った空弁は
鮭と銀鱈の押し寿司が入った「石狩鮨」
女房は、鮭の押し寿司とイクラとカニが入った「イクラ石狩鮨」
函館1

それに、花畑牧場の「生キャラメルプリン」と
俺は、南千歳駅でお茶を購入!
函館2

銀鱈旨?♪
全部が銀鱈の空弁があったらそれにするだろう!
函館3

函館4

駅弁も見てみましたが
空弁の方が
水々しくしっとりしていて
生ものって感じがして絶対こっちがいい

函館駅、13:50着
14:00発の「五稜郭」直行バスに乗り
まずは「五稜郭タワー」前の【函館麺厨房 あじさい】
函館5

「味彩塩拉麺」700円を
函館6

南茅部産と椵法華産の2種類の昆布を使い
豚骨と鶏がらを5:5で作ったスープを
ベースにして作っているそうだ
食べた感じは、魚介出汁が効いて
ネギ油が入った、様々な旨味が詰まった塩スープ
麺は硬めに茹でられた、やや細麺で
トッピングは柔らかバラチャーシュー3枚
味付けメンマに水菜と多めの長ネギ
美味しいのだけど
旨過ぎて、毎日食べる様なラーメンでない感じがする
地元客より、観光客に受けそうな感じの塩ラーメンかな?

さて、2軒目へと向かったが見つからない・・・
行く道中に【あじたか】を発見したので
そちらへ行く事に変更!
函館7

「塩ラーメン」600円をオーダー
函館8

豚骨と生姜と長ネギで取ったスープと書かれている
その通り、豚の効いた(でも効きすぎず)香味野菜スープ
普通のストレート麺が硬めに茹でられ
やや塩味赤身肩ロースチャーシュー1枚
味付けメンマ、麩、長ネギ
食堂風の塩ラーメンて感じで
これもまたいい感じ♪

この後「土方・啄木浪漫館」へ行き
ホテルにチェックイン後、外出
早夕食は函館駅隣「どんぶり横丁市場」の【函館麺や 一文字】
函館9

ここでも「塩らーめん」750円を
函館10

南茅部産昆布や比内地鶏をベースに
道南の熊石町の海洋深層水の天然塩を使っていると書かれている
食べた感じは、魚介の旨味が詰まった塩スープ
これは旨い♪
硬めに茹でられた普通の太さのストレート麺に
チャーシューは七輪で炙った柔らかバラチャーシュー2枚
味付けメンマに味の浸みた味玉半分、白髪ネギ
ホウレン草と海苔に麩
いろいろと考えて作ってある塩ラーメンですね!

この後、ホテルに戻り
風呂に入って一杯飲んで
午後8時半頃、早夜食を食べに1人で外出
【函館ラーメン 鳳蘭】へ
函館11

「塩ラーメン」550円をオーダー
函館12

スープには野菜類を使わず
豚骨と鶏がらのみで作っていて
豚骨と鶏がらの割合は、9:1だそうだ
食べた感じは、それより鶏を感じるスープだが
豚を優しく感じる昔ながらのいい塩スープ
普通の殆どストレート麺に、薄味メンマと
やや硬めのモモ肉チャーシュー2枚、長ネギはやや多め
飲んだ後や、あっさりしているがしっかりと塩の旨味を
求めている人にはお勧めの一杯!

さて、早夜食2軒目に行く途中
一軒のラーメン店の明かりが目にとまった
今回、リストにあげていない店だ!
店の入口には「自家製麺」と書かれている
ここの店の営業時間が分からない
他に候補にあげている店は深夜まで営業
ここは深夜までで無く、夜の10時頃までだったら
この時を逃がすともう食べる事が出来ない・・・
迷いに迷い、この店の前を3回くらい往復しただろうか?
ここで、この店のラーメンを食べる事によって
リストにあげていた他のお店のラーメンが食べれなかったらどうしよう・・・とか
しかし、自家製麺の文字にひかれ入店
その店は【滋養軒】
函館13

「生ビール」450円と「函館塩ラーメン」500円をオーダー
函館14

豚骨と魚介のあっさり塩スープ
だけど豚骨臭さがあります
苦手な人はダメかな?
写真を見ると、お湯か?って思う程透き通った塩スープですが
豚骨臭さがマイナスに
俺は豚骨臭さのあるスープは大丈夫なのですが
これには無いだろう、と思ったスープに存在したので
ちょっと評価が落ちるが
ネットで食べた感想を見ると
好評価がいくつも出て来る
お勧め店の1つになるのでしょうか?

この後一旦ホテルに戻り
テレビを見ながら一杯飲んで
午後11時頃、再び夜食のラーメンを食べに1人で外出!

この後食べに行く店は、深夜3時過ぎまで営業しているので
行くまで余裕がある
【満来軒】に到着!
函館15

店内は俺ひとり
【滋養軒】もそうだった

「塩らーめん」700円をオーダー!
函館16

豚骨をメインに鶏がらや香味野菜を使ったスープ
食べた感じは、魚介の旨さもあるが
塩を前面に出し、塩の旨味を生かしたスープかと
それに野蛮な旨さがあります!
俺はまた食べてみたい塩ラーメンだが
「いや、もういい」と言う人の方が多いかな?
麺は細麺ちぢれ、茹では硬め
薄味メンマ、硬めの薄味モモ肉チャーシュー1枚
ワカメと長ネギ
帰り際、ご主人に
「新潟から来て、今日はこれで6杯目ですが
それでも美味しいです!」
と言ったら、喜んで頂き
「新潟と函館はどちらが寒いですか?」
と聞かれ、一言話をして帰りました

さて、この日最後のラーメン店へ
行ったのは【笑てん】
ここも深夜までの営業店
函館17

「塩らーめん」600円をオーダー
函館18

魚介系和風出汁スープ
麺は細麺ちぢれが硬めに茹でられ
硬めのモモ肉チャーシューに薄味メンマ
ホウレン草、ナルト、白髪ネギと長ネギ
ごく普通の旨さの塩ラーメン
写真だけを【満来軒】と比べると
こっちが美味しそうだが
俺はあちらの方が好みかな?

この日食べた「塩ラーメン」の中で
一番美味しかったのは【一文字】
次が【鳳蘭】で次が【あじさい】かな
翌日も早朝からラーメンです♪

お気に入りのブログを探そう!
ブログランキングに参加しています!
↓ポチッ!と応援をお願いします♪

ブログ村地域別ランキング
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
人気blogランキング



スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する