All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

「喜多方」と「会津若松」日帰り旅行ラーメン編

この前の日記にも書いた通り、こちらからどうぞ!
シルバーウィーク前の9月8日
ETC通勤割引で喜多方へ
会津若松に用事があるのだが
ついでにラーメンでもって事で喜多方へ
喜多方駅の観光案内所で新喜多方ラーメンマップを貰い出発!1

喜多方駅前通り、変わりましたね?
道路を拡張したのか、それとも歩道だけを拡張したのか?
駅前通りは以前に比べ広くなっています!
その代わり、店舗が拡張でひっかかり駅前の店舗にも変化が

【平和食堂」は姿形も無くなり
その他の食堂は、拡張された分、店を後退させ新店舗で営業中!

「喜多方老麺会」にも、もの凄い変化が
家にある以前貰って来た「老麺会まっぷ」
1998年は66軒、2005年は62軒加盟していたが
今回貰って来たマップは42軒に減っていた
【まこと食堂】の名前は無かった

さて喜多方ラーメン1軒目は
何年か前に話題になり関東方面からも話題に上がっていた
「はんつ遠藤」お勧めの【喜一】へ
2

先ずは「お通し」が出されます
3

俺は「熟成しょう油ラーメン」500円を
4

女房は「Sioラーメン」500円を細麺でオーダー
5

魚介系と動物系の融合スープ
シンプルですが深い旨味があり
実にいいバランスで喜多方にはあまり無いスープ
麺は中太平ちぢれの喜多方麺、茹ではやや硬め
トッピングは、やや硬めの醤油味モモチャーシュー4枚に
薄味メンマ、長ネギ
塩ラーメンのスープもあっさりとした中に
深い味わいがあります

これは子供達にも食べさせようと
「お土産ラーメン」熟成しょう油とSioを購入!
6

7

保冷材を使って箱詰めが終わるまでご主人とお話を
ご主人は元ステーキ店の店主で
はんつ遠藤さんも顔を出したり連絡をくれたりするそうです
新潟にも良く来られ、この前は上越に行って来たとか
「Sioラーメン」のSioは
ソルト・イン・オーシャンの略だそうだ
つまり、塩ダレの塩は海塩を使っているとの事
醤油ダレは、チャーシューの煮汁と醤油ダレをブレンドするそうだ

さて【喜一】を後にして
次に向ったのは、定休日が月曜休みでなかなか行けず
今回火曜日に来たので超久々に【まこと食堂】へ
8

以前は店のテーブルで食べましたが
今回は家の中に上がり、奥の座敷へ
いくつもの部屋が座敷として使われていて
後から後からドンドンお客さんが来ます!
俺は「中華そば」600円をオーダー
9

豚と煮干の醤油スープ
豚出汁とラード、そこへふんわりと煮干出汁が効いて
シンプルな素材だけしか使っていないスープだが
昭和の時代を感じるパンチ力のある「中華そば」
繁栄店の意味が分かります!
麺は喜多方麺でやや硬め、トッピングはしょっぱめの
醤油味柔らかバラチャーシュー2枚と赤身チャーシュー2枚に
薄味メンマと長ネギ
店を出た時は、平日の午前だけど駐車場は満車に
次に来た人が何処へ車を停めようか迷っていたので
「俺、直ぐ出ますよ!」と言うとホッ!としてました

【まこと食堂】を後にして
次に向ったのが【食堂なまえ】
10

以前来た時に場所は確認済でしたが
目印にしていたスタンドが閉店していたので
最初は道を1本間違えてしまったが何とか店へ
駐車場もちょうど1台空いていて店内へ

俺は「中華そば」500円を
11

女房は「極太手打ちラーメン」520円を
12

動物出汁は控えめで魚介出汁が前面に出た塩醤油スープ
トッピングは、やや薄味で肉の食感を残した煮方の
皮付きバラチャーシュー2枚、薄味メンマ、ナルト、長ネギ
麺は「中華そば」は普通の喜多方麺ですが
「極太手打ちラーメン」の麺はホント極太です!
その麺ですが、極太で手打ちの分
硬茹ででコシもあり歯応えのあるモチモチ麺
麺を楽しむのならこちらの方がいいかも
でも太麺が苦手な人はご遠慮下さい

この後、今回は「喜多方ラーメン館」には寄らず
会津若松へ向う途中にある【ふぶき亭】へ
13

14

ここではラーメンは食べませんでしたが
お土産を買い、ここはラーメン工場を見学出来るので
そちらへ行って見ましたが
この時間、製麺工場は稼動していませんでした
15

以前来た時は団体で来ましたので
工場を見学して喜多方ラーメンの試食が用意されていました

さてお土産を車に積み込み会津若松市へ
でも、お土産は「喜多方ラーメン館」の本館がいいかも

「会津武家屋敷」で「土方歳三」の刀剣「和泉守兼定」を購入し
前回来た時、スープ出来が悪く閉店していた
会津若松市の【よどや】へ
16

俺も女房も「らーめん」480円をオーダー
17

やや動物系と魚介の旨味の醤油スープ
麺は中太平ちぢれ、やや硬めの会津麺
トッピングは、やや薄味の柔らかバラチャーシュー4枚
薄味メンマ、ナルト、長ネギ

この後、馬刺し買って「立木千手観音」を拝観して帰宅
デジカメの写真を整理していて
【よどや】のメニューを改めて見てみたら
ナント!
「らーめん」と「みそらーめん」「のりたまらーめん」
「もやしあんかけらーめん」「わかめらーめん」「めんまらーめん」
の全てが「らーめん」と同じ480円だ!
その他、ネギや野菜は100円増、チャーシューは200円増
なんと言う事だ!
それなら「のりたまらーめん」(海苔が丼のふちをグルリ&味玉1個)
にすれば良かった・・・

お気に入りのブログを探そう!
ブログランキングに参加しています!
↓ポチッ!と応援をお願いします♪

ブログ村地域別ランキング
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
人気blogランキング



スポンサーサイト

【喜一】さすが桧原宿 Sio-YAと姉妹店のため丼以外似てますね。
値段は交通費が掛からない分安いですが。

全ての店に嫁さんも一緒に入って行くの?

ほんと何杯1日にラーメン食べるのか?
そんで、あの体系 うらやましいですよ
ほんと・・・
喜多方久しく行ってませんが道路にウマのう○こ落ちてたりして
笑える処です

>としあさん
桧原宿 Sio-YA、桧原湖の近くの店ですね
聞いた事がありますがなかなか遠くて・・・
今回女房は【喜一】【なまえ】【よどや】の3軒でした

>takechanmanさん
俺、脱ぐと凄いんです
今一杯飲んでますが、夜食のラーメンはやめようかと
今回の喜多方、馬車を見ませんでしたし
駅周辺に馬車の乗り場もありませんでした
やめたか?道路拡張の為お休み中か?

喜多方のまこと食堂は人気がありすぎて
休日と平日のラーメンの味が違うといわれておりまして
10年位前に確かめてみたら確かに・・・。

オレも暇人だったんだなぁ。

>ATS1965さん
それはあると思います
以前、バスガイドの付く団体旅行で
喜多方へ行った時にガイドさんが言ってました
休日に喜多方の繁栄店へ行く時は
午前中にする様にと
超混みだと、午後からのお客さんのスープが無くなるのを防ぐ為に
午後のスープに水を足してスープの増量をして
来店するお客さんに対応するとの事
だからそのスープを水で薄める前に行くとの事

確かめたって言うよりも
違いが分かったATS1965さんは凄いですね!


管理者にだけ表示を許可する